初心者のための相続情報サイト

相続税額の按分割合はどのように変わるの?

相続税額の按分割合はどのように変わるの? 相続というものは亡くなった人の残った財産を、親族間で分配する事をさし実際に分けた財産に対し税金がかかってくるため、亡くなった人のために使用したお通夜式や葬式代や、病院で亡くなった場合は入院費などの必要経費は通常は先に控除してから財産分配をするため、税金の対象外になります。
相続税についても、遺産が3000万円と法定相続人の人数に600万円をかけた金額の合計未満の場合は一切かかる事はありませんが、この金額以上になると税金がかかってきます。
法律で定められた分ける人数が3人の場合は4800万円から税金の対象となります。
不動産などは評価額があるため注意が必要です。
税金がかかる金額の財産を分けた場合、相続税法の基本通達によると各人の税金は財産をもらった割合で計算する事となっており、この割合が按分割合を意味しています。
割り切れる場合は問題ないですが、割り切れない金額の場合についてはみんなの合意の上で調整してよいという事になっています。
按分割合を限界まで計算する場合、申告書には小数点以下10ケタまであるため工夫すれば節税が出来ます。
配偶者の場合は税額軽減があるため、この部分を上手く活用する事が理想です。
遺産分配する時に家族全体の税負担を少しでも軽減する事はとても大切ですが、財産や按分の事でもめない事の方が亡くなった方の事を考えるともっと大切です。

相続時の割合の決め方

相続時の割合の決め方 遺産を相続する割合は、民法に定められています。
亡くなった人に配偶者がいる場合は常に遺産をもらえる立場にあります。
その次の順位として子ども、次が親と続きます。
配偶者のみがいる場合は配偶者が全てを相続します。
配偶者と子どもが残された場合は、遺産は半分ずつ分けることになります。
1,000万円の遺産があった場合は、配偶者が500万円・子どもが500万円です。
この時子どもが複数いる場合は、等分で遺産をさらに分けます。
先の例で子どもが2人いたら、配偶者が500万円・子どもが250万円ずつをそれぞれ受け取ります。
配偶者と親がいた場合は取り分が少し変わります。
配偶者が3分の2を、親が3分の1をそれぞれ受け取ります。
親が2人いた場合は子どもの時と同様、さらにそれを半分にします。
その次の順位は兄弟姉妹で、配偶者との割合はそれぞれ4分の3、4分の1です。
ただし、故人が正式な形で遺言書を残していた場合は違ってきます。
遺言書の内容は優先される性質があるため、それに則って遺産を分けることになります。
ただ、すべての遺産を愛人に渡すなどの遺言書が残された場合は、配偶者や子どもがいると困ってしまいます。
そのため、民法では遺留分として、一定の割合で残された親族が遺産を受け取ることができる規定を設けています。

相続に関するお役立ちリンク

相続

新着情報

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 割合」
に関連するツイート
Twitter

共有持分 複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」という。 相続が発生し、3人の子が1つの土地を相続したとき、遺産分割をする前の時点では、各相続人の土地に関 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K74705440

返信 リツイート 14分前

【これから日本で起こること一覧】 ・年金受給年齢の引き上げ ・医療費の自己負担割合の引き上げ ・高額療養費制度の改悪 ・介護保険料の納付年齢の引き下げ ・退職金の課税強化 ・所得税の課税強化 ・相続税の課税強化 ・固定資産税の課税強化 ・金融資産課税の導入 ・消費税率の引き上げ

返信先:@gs_everest2014 相続業務で億単位で、割合も何十%という感じでした(^^;業務は行政書士もあると思いますねー。

Twitter宮城彩奈/AyanaMiyagi( ・∇・)@ayanamiyagi

返信 リツイート 17:09

その考えに対して、国は資産を保有する個人が亡くなった際に遺産分割とその割合に応じて相続税を課す。しかし資産家の保有する資産の大半が不動産、自社株(事業オーナーの場合)というケースが多く、対策していなければ納税に必要なキャッシュを準備できず、最悪の場合は資産自体手放さないといけない。

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

TwitterFP3級情報局@相互@fp3kyujouhou

返信 リツイート 8:31

共有持分 複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」という。 相続が発生し、3人の子が1つの土地を相続したとき、遺産分割をする前の時点では、各相続人の土地に関 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K74705440

返信 リツイート 6:17

★ひっかかりやすい★ 被相続人及び受取人以外の者が保険料を負担した割合にかかる保険金は贈与税が課されるが、この保険金が生前贈与加算の項目に絡む場合がある。生命保険金の資料に記載されていて生前贈与加算の資料に記載されていないから見落とす、なんてことにならない様に注意する。

Twitter相続税法学習bot@aoisakura21

返信 リツイート 6:05

【清算型遺贈】…遺言執行者が相続不動産を売却し、その売却代金から譲渡所得税、相続債権、葬儀費用、遺言執行費用等の諸費用を差し引いた残額の一定額または一定割合を遺贈するもの

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

相続人の財産は、相続開始から相続人全員の共有財産となります。遺産の分割には現物分割、換価分割、代償分割と3種類あります。トラブル防止には遺産分割協議書の作成も重要です。その他、遺言の書き方や遺留分(権利の最低保障割合)も定められています。