初心者のための相続情報サイト

相続税額の按分割合はどのように変わるの?

相続税額の按分割合はどのように変わるの? 相続というものは亡くなった人の残った財産を、親族間で分配する事をさし実際に分けた財産に対し税金がかかってくるため、亡くなった人のために使用したお通夜式や葬式代や、病院で亡くなった場合は入院費などの必要経費は通常は先に控除してから財産分配をするため、税金の対象外になります。
相続税についても、遺産が3000万円と法定相続人の人数に600万円をかけた金額の合計未満の場合は一切かかる事はありませんが、この金額以上になると税金がかかってきます。
法律で定められた分ける人数が3人の場合は4800万円から税金の対象となります。
不動産などは評価額があるため注意が必要です。
税金がかかる金額の財産を分けた場合、相続税法の基本通達によると各人の税金は財産をもらった割合で計算する事となっており、この割合が按分割合を意味しています。
割り切れる場合は問題ないですが、割り切れない金額の場合についてはみんなの合意の上で調整してよいという事になっています。
按分割合を限界まで計算する場合、申告書には小数点以下10ケタまであるため工夫すれば節税が出来ます。
配偶者の場合は税額軽減があるため、この部分を上手く活用する事が理想です。
遺産分配する時に家族全体の税負担を少しでも軽減する事はとても大切ですが、財産や按分の事でもめない事の方が亡くなった方の事を考えるともっと大切です。

相続時の割合の決め方

相続時の割合の決め方 遺産を相続する割合は、民法に定められています。
亡くなった人に配偶者がいる場合は常に遺産をもらえる立場にあります。
その次の順位として子ども、次が親と続きます。
配偶者のみがいる場合は配偶者が全てを相続します。
配偶者と子どもが残された場合は、遺産は半分ずつ分けることになります。
1,000万円の遺産があった場合は、配偶者が500万円・子どもが500万円です。
この時子どもが複数いる場合は、等分で遺産をさらに分けます。
先の例で子どもが2人いたら、配偶者が500万円・子どもが250万円ずつをそれぞれ受け取ります。
配偶者と親がいた場合は取り分が少し変わります。
配偶者が3分の2を、親が3分の1をそれぞれ受け取ります。
親が2人いた場合は子どもの時と同様、さらにそれを半分にします。
その次の順位は兄弟姉妹で、配偶者との割合はそれぞれ4分の3、4分の1です。
ただし、故人が正式な形で遺言書を残していた場合は違ってきます。
遺言書の内容は優先される性質があるため、それに則って遺産を分けることになります。
ただ、すべての遺産を愛人に渡すなどの遺言書が残された場合は、配偶者や子どもがいると困ってしまいます。
そのため、民法では遺留分として、一定の割合で残された親族が遺産を受け取ることができる規定を設けています。

相続に関するお役立ちリンク

相続

新着情報

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 割合」
に関連するツイート
Twitter

法定相続分 法定相続分とは、民法に規定されている相続分のことです。相続人となる人との組み合わせによって、相続分が異なります。 相続分とは、複数の相続人間で、被相続人の遺産を分け合うことができない場合等に、被相続人の遺産に対して、自分が主張することができる基準となる取り分の割合

TwitterFP(ファイナンシャルプランナー)BOT相互フォロー@FZpckKSapabN5au

返信 リツイート 6:55

共有持分 複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」という。 相続が発生し、3人の子が1つの土地を相続したとき、遺産分割をする前の時点では、各相続人の土地に関 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K74705440

返信 リツイート 昨日 22:17

【清算型遺贈】…遺言執行者が相続不動産を売却し、その売却代金から譲渡所得税、相続債権、葬儀費用、遺言執行費用等の諸費用を差し引いた残額の一定額または一定割合を遺贈するもの

★ひっかかりやすい★ 被相続人及び受取人以外の者が保険料を負担した割合にかかる保険金は贈与税が課されるが、この保険金が生前贈与加算の項目に絡む場合がある。生命保険金の資料に記載されていて生前贈与加算の資料に記載されていないから見落とす、なんてことにならない様に注意する。

相続でモメるとき】 現金だけの家庭ならほとんどモメることはない。割合さえ決まってしまえば分けるのは簡単だから。一方、もし故人が資産運用をしていたり、骨董趣味などがあると、話はややこしくなる。 書籍『大相続時代がやってくる~すっきりわかる仕組みと対策』田中 陽 著、NHK出版より作成

Twitter仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

返信 リツイート1 昨日 9:09

相続財産の評価において「更地は高い」と覚えよう!普通の土地の評価額を100%とすると、貸している土地(貸宅地)は借地権割合(例:60%)だけ割安に評価してもらえるし、アパートを建てて貸している土地(貸家建付地)も少しだけ安くみてもらえる。【相続財産の評価(不動産)】

TwitterFP絶対合格shuzoボット@FP_shuzo_bot

返信 リツイート 昨日 8:01

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

財務省HPによると税収割合は 法人税21.5% 所得税31.5% 消費税(地方含)21.6% なのに対し 相続税贈与税は2.2%なので 消費税をあと1%上げて相続税贈与税を撤廃するのは 実現可能性はあるけど 相続税贈与税の税率を上げて消費税or所得税を下げる策は ちょっと厳しい

遺留分 遺留分とは、一定の相続人が、相続財産を最低限相続できるように定められている割合のことです。 被相続人が、遺言により、他人に全財産を与える旨の遺言を残していた。 そうすると、他人が全財産を取得することになると、被相続人の家族が、一切、財産を取得することができなくなります。

TwitterFP(ファイナンシャルプランナー)BOT相互フォロー@FZpckKSapabN5au

返信 リツイート 11/15(木) 22:55

返信先:@aimatsu2000 日本現状はゼロの状態を許してしまうので、それを争ってしまう。最初から監護比率と養育費負担が算式等で決まり、逸脱は正当な理由がなければ罰するとかマイナス評価すれば良い。相続割合を裁判で争うのが稀なのと同じで、殆どの人は争わなくなるでしょう。ナッジと言うノーベル経済学賞の考え方です。