初心者のための相続情報サイト

相続税額の按分割合はどのように変わるの?

相続税額の按分割合はどのように変わるの? 相続というものは亡くなった人の残った財産を、親族間で分配する事をさし実際に分けた財産に対し税金がかかってくるため、亡くなった人のために使用したお通夜式や葬式代や、病院で亡くなった場合は入院費などの必要経費は通常は先に控除してから財産分配をするため、税金の対象外になります。
相続税についても、遺産が3000万円と法定相続人の人数に600万円をかけた金額の合計未満の場合は一切かかる事はありませんが、この金額以上になると税金がかかってきます。
法律で定められた分ける人数が3人の場合は4800万円から税金の対象となります。
不動産などは評価額があるため注意が必要です。
税金がかかる金額の財産を分けた場合、相続税法の基本通達によると各人の税金は財産をもらった割合で計算する事となっており、この割合が按分割合を意味しています。
割り切れる場合は問題ないですが、割り切れない金額の場合についてはみんなの合意の上で調整してよいという事になっています。
按分割合を限界まで計算する場合、申告書には小数点以下10ケタまであるため工夫すれば節税が出来ます。
配偶者の場合は税額軽減があるため、この部分を上手く活用する事が理想です。
遺産分配する時に家族全体の税負担を少しでも軽減する事はとても大切ですが、財産や按分の事でもめない事の方が亡くなった方の事を考えるともっと大切です。

相続時の割合の決め方

相続時の割合の決め方 遺産を相続する割合は、民法に定められています。
亡くなった人に配偶者がいる場合は常に遺産をもらえる立場にあります。
その次の順位として子ども、次が親と続きます。
配偶者のみがいる場合は配偶者が全てを相続します。
配偶者と子どもが残された場合は、遺産は半分ずつ分けることになります。
1,000万円の遺産があった場合は、配偶者が500万円・子どもが500万円です。
この時子どもが複数いる場合は、等分で遺産をさらに分けます。
先の例で子どもが2人いたら、配偶者が500万円・子どもが250万円ずつをそれぞれ受け取ります。
配偶者と親がいた場合は取り分が少し変わります。
配偶者が3分の2を、親が3分の1をそれぞれ受け取ります。
親が2人いた場合は子どもの時と同様、さらにそれを半分にします。
その次の順位は兄弟姉妹で、配偶者との割合はそれぞれ4分の3、4分の1です。
ただし、故人が正式な形で遺言書を残していた場合は違ってきます。
遺言書の内容は優先される性質があるため、それに則って遺産を分けることになります。
ただ、すべての遺産を愛人に渡すなどの遺言書が残された場合は、配偶者や子どもがいると困ってしまいます。
そのため、民法では遺留分として、一定の割合で残された親族が遺産を受け取ることができる規定を設けています。

相続に関するお役立ちリンク

相続

新着情報

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 割合」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kurosawa398 相続分は法定割合でよか?

Twitterのんびりーの三世(初代)@yukkurisiteruyo

返信 リツイート 0:27

相続人の死亡が保険金受取事由である被相続人が保険料を負担した割合分の保険金に対し相続税が課される。 事由が異なる保険契約はスルーするのでなく「相続税の課税関係なし」のコメントを記入すること。

ワイドショーで遺産相続のことやってるけど、兄妹でそんなに仲良くないって人の割合結構多いんだ。素直に驚いた。 介護押し付けといて資金援助もしない会いにも来ないとか、遺産多く貰おうとするとか… ずっと介護してくれてた兄妹が少し多く貰うのだって私ぜんぜん嫌じゃないや…

非嫡出子は嫡出子の二分の一の割合相続分を持つ

Twitter宅地建物取引主任者BOT@syuninsyabot

返信 リツイート 昨日 1:29

相続財産の評価において「更地は高い」と覚えよう!普通の土地の評価額を100%とすると、貸している土地(貸宅地)は借地権割合(例:60%)だけ割安に評価してもらえるし、アパートを建てて貸している土地(貸家建付地)も少しだけ安くみてもらえる。【相続財産の評価(不動産)】

TwitterFP絶対合格shuzoボット@FP_shuzo_bot

返信 リツイート 4/21(日) 22:01

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

【清算型遺贈】…遺言執行者が相続不動産を売却し、その売却代金から譲渡所得税、相続債権、葬儀費用、遺言執行費用等の諸費用を差し引いた残額の一定額または一定割合を遺贈するもの

★ひっかかりやすい★ 被相続人及び受取人以外の者が保険料を負担した割合にかかる保険金は贈与税が課されるが、この保険金が生前贈与加算の項目に絡む場合がある。生命保険金の資料に記載されていて生前贈与加算の資料に記載されていないから見落とす、なんてことにならない様に注意する。

返信先:@yohhzef 不動産物件の事情からの推測ですが、所有者様の高齢化と資金難の為に最終的には手放す時に買い手側の策略にはまり次世代の相続へ引き継がれるケースも少なくなっており経済的に土地運用などされる投資家が割合も減ってきているように思っています。底上げまで期待出来ないですが、食い止めには〇かな?

Twitter魅音ROCK@🌷大阪市存続派やさぐれ刑事純情派🌷🌸🌹🌼@mions69

返信 リツイート 4/21(日) 4:57

相続人の財産は、相続開始から相続人全員の共有財産となります。遺産の分割には現物分割、換価分割、代償分割と3種類あります。トラブル防止には遺産分割協議書の作成も重要です。その他、遺言の書き方や遺留分(権利の最低保障割合)も定められています。