初心者のための相続情報サイト

相続税額の按分割合はどのように変わるの?

相続税額の按分割合はどのように変わるの? 相続というものは亡くなった人の残った財産を、親族間で分配する事をさし実際に分けた財産に対し税金がかかってくるため、亡くなった人のために使用したお通夜式や葬式代や、病院で亡くなった場合は入院費などの必要経費は通常は先に控除してから財産分配をするため、税金の対象外になります。
相続税についても、遺産が3000万円と法定相続人の人数に600万円をかけた金額の合計未満の場合は一切かかる事はありませんが、この金額以上になると税金がかかってきます。
法律で定められた分ける人数が3人の場合は4800万円から税金の対象となります。
不動産などは評価額があるため注意が必要です。
税金がかかる金額の財産を分けた場合、相続税法の基本通達によると各人の税金は財産をもらった割合で計算する事となっており、この割合が按分割合を意味しています。
割り切れる場合は問題ないですが、割り切れない金額の場合についてはみんなの合意の上で調整してよいという事になっています。
按分割合を限界まで計算する場合、申告書には小数点以下10ケタまであるため工夫すれば節税が出来ます。
配偶者の場合は税額軽減があるため、この部分を上手く活用する事が理想です。
遺産分配する時に家族全体の税負担を少しでも軽減する事はとても大切ですが、財産や按分の事でもめない事の方が亡くなった方の事を考えるともっと大切です。

相続時の割合の決め方

相続時の割合の決め方 遺産を相続する割合は、民法に定められています。
亡くなった人に配偶者がいる場合は常に遺産をもらえる立場にあります。
その次の順位として子ども、次が親と続きます。
配偶者のみがいる場合は配偶者が全てを相続します。
配偶者と子どもが残された場合は、遺産は半分ずつ分けることになります。
1,000万円の遺産があった場合は、配偶者が500万円・子どもが500万円です。
この時子どもが複数いる場合は、等分で遺産をさらに分けます。
先の例で子どもが2人いたら、配偶者が500万円・子どもが250万円ずつをそれぞれ受け取ります。
配偶者と親がいた場合は取り分が少し変わります。
配偶者が3分の2を、親が3分の1をそれぞれ受け取ります。
親が2人いた場合は子どもの時と同様、さらにそれを半分にします。
その次の順位は兄弟姉妹で、配偶者との割合はそれぞれ4分の3、4分の1です。
ただし、故人が正式な形で遺言書を残していた場合は違ってきます。
遺言書の内容は優先される性質があるため、それに則って遺産を分けることになります。
ただ、すべての遺産を愛人に渡すなどの遺言書が残された場合は、配偶者や子どもがいると困ってしまいます。
そのため、民法では遺留分として、一定の割合で残された親族が遺産を受け取ることができる規定を設けています。

相続に関するお役立ちリンク

相続

新着情報

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 割合」
に関連するツイート
Twitter

(銀行業務検定) 金銭債務について遺言により法定相続分と異なる割合の指定がなされても、当該指定は相続債務の債権者の関与なくなされたものであるから、当該指定分は債権者に対向できない。債権者は法定相続分に応じて債務の弁済を請求することができる。 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 昨日 22:00

(銀行業務検定) 共同相続人間の遺産分割協議により、金銭債務を法定相続分と異なる割合での相続を定めたとしても、その割合の債務の承継を債権者に主張することはできないが、債権者の方からはその承継割合に従って請求することはできる。 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 昨日 18:25

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

相続財産の評価において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×借地権割合」の算式により評価する。 ×。自分が所有する土地に建築した家屋を、他に貸し付けている場合の土地は、貸家建付地として評価されます。

TwitterFP(ファイナンシャルプランナー)BOT相互フォロー@FZpckKSapabN5au

返信 リツイート 昨日 1:55

財政健全化はできれば勿論やるべきだけど、国民生活に大きな犠牲を強いるから難しい。消費税は理論上可処分所得に比例して税負担が増えるが、年齢フィルターをかけると若い人ほど可処分所得は少ないが消費支出割合が多い(高い)。だから消費増税はデフレになっちゃう。相続税を増税すべきなのだ。

返信先:@__o0008 未成年が強制的に税金納めなきゃあかんのはよく良く考えれば謎い、正規に収入得られないのに消費税払わなあかんって、子供多ければ多いほど消費も増えて消費税の負担の割合増えるし 消費税とかいう全国民統一のものじゃなくて酒税とかたばこ税とか相続税とかバカ上げして欲しい

この話に時々言われる「先祖代々の土地を納付出来ないからと分取りやがって」について。 ここで贈与税には無い相続税特有の「小規模宅地等の減額」の登場です。 この特例による評価額の減額割合は最大で「80%」にも登ります。 8割引きの商品ってそうそう見ませんよね? nta.go.jp/taxes/shiraber…

Twitter私は口蹄疫を忘れない@okafeng

返信 リツイート 10/15(月) 23:09

非嫡出子は嫡出子の二分の一の割合相続分を持つ

Twitter宅地建物取引主任者BOT@syuninsyabot

返信 リツイート 10/15(月) 22:59

相続における遺言執行者(遺言執行人)について> 相続における遺言執行者は相続人全員の代理として、遺言に残された被相続人の意思を実現するための手続きを進めていきます。遺言書通りの相続割合・指定相続分を実行し、相続人の認知や廃除と廃除の取り消しを行います。 souzoku48.com/column/2261/

Twitter税理士法人フォーエイト/相続/法人@ZEIRISHI48

返信 リツイート 10/15(月) 17:43

冒険者は大量の現金を持ち歩くと危険なのでだいたギルドに預けているのだが、「あの人は死んだので私が相続します」と詐欺をしにくる連中や、実際にちゃんとした相続人なんだけど家族と冒険者仲間の間で相続割合で揉めたりするケースも多々で(ry