物品を相続した場合

物品を相続した場合

物品を相続した場合 物品を相続した際に、確認しておく必要があるのは、相続税の対象となるものなのかを確認するということです。
有名なのでは、お金ですね。お金は、金額が100万円を超えたら税金を納めなければいけません。お金の動きには。税務署が目を光らせているので隠すようなことはしないようにしましょう。もしばれてしまった場合は、普通の相続税に罰金を上乗せした金額を納めることになってしまいます。
次に多いものは、貴金属やタイヤモンドなどの宝石類になります。これらもお金同様に一定の金額を超えた場合に税金を納めなければいけません。相続した金などの金額が基礎控除額以上となっている場合は、税金を納める必要があります。基礎控除額とは年間に取引金額が50万円を境に比べるものになります。つまり一年間に50万円以上に価値のあるものを引き継いだ際には所得税がかかります。それらは、処理方法がとても手間がかかりますが手続きをしっかりとやらないといけないものなのでしっかりと行いましょう。

有価証券を相続した場合

有価証券を相続した場合 相続財産の一つに有価証券があるわけですが、これは誰がそれを所有しているのか、ということが明確に名義となっているわけです。ですから、受け継いだのであればそれは名義を変える必要性が出てきます。
但し、有価証券といっても上場株式であることもありますし、非上場の物であることもあります。上場株式であれば、それは証券会社、信託銀行などが管理をしているでしょうから、管理しているところに名義変更をお願いしましょう。取引残高報告書というものを発行してもらうことになります。
さて、会社経営などをしていた人で、非上場の株式を持っていたりする事があるわけですが、この時には発行会社自体に名義の変更をしてもらうしかないです。同族経営でやっていたりしますと実際には経営をしていない人でも株を持っていたりすることがあります。
相続をするというのは資産の名義を変えることであり、そこを理解しておけば迷うことはないでしょう。もちろん、名義変更は別に自分で依頼できます。

新着情報

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 証券」
に関連するツイート
Twitter