物品を相続した場合

物品を相続した場合

物品を相続した場合 物品を相続した際に、確認しておく必要があるのは、相続税の対象となるものなのかを確認するということです。
有名なのでは、お金ですね。お金は、金額が100万円を超えたら税金を納めなければいけません。お金の動きには。税務署が目を光らせているので隠すようなことはしないようにしましょう。もしばれてしまった場合は、普通の相続税に罰金を上乗せした金額を納めることになってしまいます。
次に多いものは、貴金属やタイヤモンドなどの宝石類になります。これらもお金同様に一定の金額を超えた場合に税金を納めなければいけません。相続した金などの金額が基礎控除額以上となっている場合は、税金を納める必要があります。基礎控除額とは年間に取引金額が50万円を境に比べるものになります。つまり一年間に50万円以上に価値のあるものを引き継いだ際には所得税がかかります。それらは、処理方法がとても手間がかかりますが手続きをしっかりとやらないといけないものなのでしっかりと行いましょう。

有価証券を相続した場合

有価証券を相続した場合 相続財産の一つに有価証券があるわけですが、これは誰がそれを所有しているのか、ということが明確に名義となっているわけです。ですから、受け継いだのであればそれは名義を変える必要性が出てきます。
但し、有価証券といっても上場株式であることもありますし、非上場の物であることもあります。上場株式であれば、それは証券会社、信託銀行などが管理をしているでしょうから、管理しているところに名義変更をお願いしましょう。取引残高報告書というものを発行してもらうことになります。
さて、会社経営などをしていた人で、非上場の株式を持っていたりする事があるわけですが、この時には発行会社自体に名義の変更をしてもらうしかないです。同族経営でやっていたりしますと実際には経営をしていない人でも株を持っていたりすることがあります。
相続をするというのは資産の名義を変えることであり、そこを理解しておけば迷うことはないでしょう。もちろん、名義変更は別に自分で依頼できます。

新着情報

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 証券」
に関連するツイート
Twitter

○○証券なう? 相続かな笑 ばらすけど大和 笑

Twitterいっぺいちゃん@ASTROでりっく♪@itwpei3

返信 リツイート 15:05

✅16個の決算対策【2/4】 ◎決算2か月前の3項目 ・資産の見直し(在庫、債権、固定資産、有価証券) ・社長給与損金不算入対策 ・事業承継対策(新事業承継、株価計算、相続時精算課税) #決算対策 #資産 #見直し #社長給与 #事業承継 #相続 #在庫

Twitterビジネスサクセション株式会社@businesssjp

返信 リツイート 11:38

返信先:@kemedine こんばんは。私も訳あって大正生まれの祖父の相続手続きやりましたが、すーっごい大変でした…。預貯金、不動産、証券etc. 戸籍は司法書士さんに揃えてもらわないと無理でした。大人はお金で解決…。終わるとものすごいスッキリします。頑張って下さいね。

アラフォーともなると、ボチボチ親も亡くなったりするよね。 親が亡くなると、相続があるよね。 証券会社の相続手続きをしたので、その時の話。 #ブログ更新 ayame-toushi.com/souzoku/

Twitterあやめ@名乗るほどの者@ayame_104

返信 リツイート 昨日 16:27

何事もほどほどに適温が僕の生活のキーワードですが、節税は適温ではいけませんね。 贈与税、相続税、証券税制について、今週と来週でブログに記事化していきます。 okeydon.hatenablog.com

Twitter桶井 道@適温労働@okeydon

返信 リツイート 1/16(水) 13:32

ブログ記事、今月末まで毎日アップします。すでに記事は自動更新されるように設定済みです。これでしばらく安泰です。 今週と来週は硬い記事が続きます。贈与税、相続税、証券税制です。 「おけいどんの適温生活日記」 okeydon.hatenablog.com

Twitter桶井 道@適温労働@okeydon

返信 リツイート 1/15(火) 23:28

そういえば、母の証券口座の残高届いたが、含み損がえらい事になっていた。アベノミクス真っ最中にお気に入りの担当さんに勧められた奴だからほぼ半分。父のと、投信も合わせるとエゲツない金額に。出来る事なら今の間に相続したいわ。

Twitterきたさん@自分年金@kitcyan_N

返信 リツイート 1/15(火) 20:09

ブログ記事 証券税制シリーズ6本のうち5本完成。1本は仮完成で未校正保管中。自分なりに大作です。来週、アップしていきます。 今週は、相続税と贈与税の節税となる生前贈与についてアップします。 okeydon.hatenablog.com

Twitter桶井 道@適温労働@okeydon

返信 リツイート 1/13(日) 20:34

返信先:@lookclassic まさか、世界がこんな風になるとは露とも思わない悠久を繋いでる暦だからねぇ。無くしてしまうのには価値があり過ぎるし、しかしこの電算の海には荒波(^^;; 未相続で浮いてる証券やらがまだしっかり存在してるんだってさ。勝手に無しにも出来ないしねぇ。

Twitter藍姫@2019よろしくね!!@aqua_tears

返信 リツイート 1/13(日) 15:03

相続税の課税対象となる財産としては、わかりやすくいうとお金で換算できる経済的価値のあるすべてと考えていいでしょう。 つまり、預貯金や有価証券などの他、不動産や自家用車、書画・骨董品などの動産まで入ります。

TwitterCFPファイナンシャルプランナー@きくた@kikujou1967

返信 リツイート1 1/12(土) 17:03